甲骨文字1

清王朝末期の1899年、
北京に住む金石学者の王懿栄は持病のマラリヤに悩まされていた。
当時、彼は「竜骨」と呼ばれるマラリヤの特効薬を愛用していた。
古来、中国では哺乳動物などの化石骨を「竜骨」と呼び、
薬材として珍重していたのだ。
恐らく、王懿栄の元には多種多様の「竜骨」が有ったと予想される。
或る日、王懿栄は彼の弟子で食客として居候をしていた劉鉄雲と、
何時ものように「竜骨」を粉にする作業をやり始めた。
と、その時、
「先生、この竜骨の上に何か刻まれていますよ、もしかしたら、文字では無いでしょうか」
「どれどれ・・・、うーん、これは古代の文字かも知れんぞ」
金石学 に覚えのある二人の脳裏に戦慄が走ったに違いない。
二人は文字らしきものが刻まれた「竜骨」を更に多く求め集め、
眺め回し、これは古代文字に違いないと確信する。

王懿栄の不慮の死後も劉鶚は更に「竜骨」を蒐集し、
5000点を越える中から1,058片を厳選し拓本を取り「鉄雲蔵亀」として発表した。

劉鉄雲

こうして甲骨文字 が世に示されると、
当時の学会の脚光を浴びることになる。
有能な研究者も続々と研究に参加し始めた。


一方、
甲骨が世に知れ渡り甲骨収集がブームとなると、
甲骨を扱う骨董商は甲骨の値段を吊り上げ始めた。
収集者は多く安く甲骨を収集しようと出所を知りたがったが、
骨董商はのらりくらりとして出所を明かさず、
むしろ、虚偽の場所を示し収集者達を混乱せしめた。
骨董商の企業秘密であったのだ。

もう一方、
甲骨の出所地である農村では村中の村民が甲骨堀りに狂い出し、
甲骨発掘の権利を巡り地主と農民の間に諍いが頻発するにまでに至ったのである。
農民達は、
従来は「竜骨」の価値を高めるために、
表面の文字を削り落としさえしていたのが、
文字らしきものが刻まれた「竜骨」が高価で売れると知れ渡ると、
何も刻まれてない甲骨に文字を刻んだ偽物までも作らられ始めた。
このような偽物が今日でも残っている。

甲骨学としての基礎を固めたのは、
劉鶚の友人羅振玉と羅振玉の娘婿である王国維である。
羅振玉 王国維

羅振玉は、更に幅広く甲骨を収集し、「殷商貞ト文字考」を著す。
1910年、彼は、様々な辛苦を経て、
甲骨の出所が安陽県の小屯と呼ばれる農寒村と突き止める。
これは歴史の残る画期的な快挙であった。
「史記」に、
「項羽が秦の将軍と?水のほとりの殷墟で会見した」
との記述があるが、
その小屯は古くから殷墟と呼ばれていた。
伝説の殷墟を実在の殷墟に結びつけたのだ。

花媚

羅振玉と王国維は、
辛亥革命で清朝が崩壊すると日本に亡命する。
羅振玉は収集した甲骨資料を日本に持込み、
日本亡命中も研究を積み重ね次々に書物を発表し、
甲骨文字解読の基礎を築くのである。



引用文献
講談社刊:古筆から現代書道まで墨美の鑑賞
東京書道研究院刊:書の歴史
芸術新聞社刊:中国書道史
木耳社刊:中国書道史(上卷)(下巻)
二玄社刊:中国法書選
芸術新聞社刊:中国書道史の旅
大修館書店刊:漢字の歴史
平凡社刊:字統
平凡社刊:名筆百選
講談社刊:古代中国

次へ