「桃天」

中国最古の詩歌全集と言われる「詩経」は中国古代、紀元前十一世紀から前八世紀の周の時代に謡われた民謡で、
単純素朴であるが、恋の歌、農事、結婚の祝、人々の生活、為政者の圧迫等々内容は多岐に渡っている。



桃之夭夭
灼灼其華
之子于帰
宣其室家

桃之夭夭
有?其実
之子于帰
宣其室家

桃之夭夭
其葉蓁蓁
之子于帰
宣其家人

桃の木は若く、その花は燃え立つ様に輝いている。
この娘がお嫁に行ったら、嫁ぎ先にふさわしい妻に成るだろう。

桃の木は若く、その実はふっくらしている。
この娘がお嫁に行ったら、嫁ぎ先にふさわしい妻に成るだろう。


桃の木は若く、その葉はふさふさと茂っている。
この娘がお嫁に行ったら、家中の人に喜ばれる妻に成るだろう。