大好きな何紹基の臨書。
岳陽楼で初めて何紹基の書(聯)を目にした時の感動がよみがえって来る。
彼の落ち着きのある味合いには遠く及ばない。

画像をクリックすると拡大します   拡大画像を右クリックすると次の画像に移ります   
でもご覧いただけます

Awanokami's Japanese Calligraphy Gallery TOP