趙子謙(1829-1884)
紹興の裕福な家庭に生まれた。
長髪族の乱への遭遇、生家の没落、愛妻の死など、若くして困苦を経験した。
元来、生来精気旺盛な性格が、この困苦を逆手に取った如く、
その感情を書画にぶつけたのではないかといわれる。
その辺りが日本人の琴線に触れるのであろうか、彼に対する日本人の評価は狂的に高い。


画像をクリックすると拡大します   拡大画像を右クリックすると次の画像に移ります   
でもご覧いただけます

Awanokami's Japanese Calligraphy Gallery TOP