タイ・カンボジャ記12

2/23
Sの心尽くしの蕎麦とビール。
早めにバス停へ、間違いなくバスが来ている。

往路と違ってチャンとしたバス会社のバス、
空調も寒い位に利いている。
ただ、来る時は隣の幼児に悩まされたが、
今度は隣の女の子の携帯、
途中一回休憩で4時間のプノンペンまでの1時間は喋っている。
左後の奥さん、右後の小父さんが負けじと喋り捲る。

プノンペン。
一軒目の宿は、個室は満員、二軒目で個室が取れた。
と言っても、一分程の隣の宿だ。
一泊10$。

一休みして、ガイドブックに有る近くの日本料理店へ。
ところがお休みだ、25日までお正月休みと書いてある。
近くに屯しているバイタクに、
「ジャパニーズレストラン」
と言っても、判らないのか通じないのか。
何人か仲間が集まって来て、ワイワイ話し合ってる。
判ったらしい。
バイタクが風を切る。
ところが、その辺りに来てキョロキョロするが探し当てられないらしい。 
諦めて自分で探し始める。
迂闊な事にガイドブックを置いてきてしまった。
結局、走ってきたバイタクを呼び止める。
判ったようなので後に跨る。
着いたのは韓国料理店、しかも待合風な高級な店構えだ。
今、どうしても食べたいのは日本ラーメン。
仕方なく、もう一度バイタクのお世話になる。
やっとこせっとこ、日本料理店に辿り着いた。
美味しい、やはり、日本料理店の日本ラーメンが口に合う。

夕方、三十分ほど歩いてトンレサップ河畔へ。







トンレサップ河に沿って遊歩道のようなものがあり、
車道を挟んだ内側に洒落たレストランが並ぶ。







二階から眺めたら気分が良さそうだ。
海鮮料理レストランの二階に陣取る。







運良く窓際の席が空いていた。
夕暮れの迫るトンレサップ河を左右に眺める。
私の次に来た人達は窓際の席が空いてない。
海老料理が美味しい。

店を出て振り返ると、





今まで私の居た席にもう他の人が坐っている。

2/24
朝飯を探しに日本食材スーパーに行くと、
警備員が時計を示す。
開店までまだ40分有る。
戻りがけに汚い店を覗いたら、例のイエロウラーメンがある。
早速食したが、
あのシアヌークビルのイエロウラーメンとは雲泥の差が有る。
それでもイエロウラーメンなら喉を通る。

ポケットからシアヌークビルのホテルの鍵が出て来た。
番号札の付いた精緻な鍵だ。
送り返そうとしたら、中央郵便局へ行かねばならないとの事だ。
バイタクを飛ばす。
係員、中を開いたり何か怪しげだが、一応、受け付けてくれた。
うまく届くかどうか。

先年、見逃したプノンペン国立博物館。



じっくりと時間を掛けて観る。
クメールの逸品がここぞとばかりに並んでいる。





























この博物館で特に名高いものの一つが、
アンコール王朝の最盛期を支えたジャヤヴァルマン七世像だ。
威厳に満ち、しかも、豊かな人間性を満面にたたえる。



























此処での三本の指に入ると言われている逸品、
「横たわるヴィシュヌ神の胸像」が幾ら探しても見付からない。
ガイドブックの写真を示して、「これ!」って言うと、
「今、ドイツへ行ってる」そうだ。
ダヴィンテの受胎告知が日本へやって来る世の中だ、仕方あるまい。
撮影禁止の札があったのでカメラ撮影は遠慮していたが、
彼方此方の人がカメラを構えている。
それでは、と撮り出すと係員がやってきた。
「1$です。1$で外は撮ってもいいが、中は撮ってはいけません」
素直に、1$払う。
その代わり、彼方此方撮らせて貰った。

河畔に出て夕日を拝む。











今日は何かの祝日のようだ。
人でも多く、祈りを捧げている人が多い。

ふっと夜空を仰ぎ見ると日の丸が翻っていた。



帰りに昨夜の日本料理店へ直行。
熱燗と納豆マグロだ。
話しかけて来たのは客と思ったらこの店のマスターの弟さん、
日本からお仕事できているらしい。
「最近、この辺りで強盗が出たそうです、特に日本人が狙われます。
気を付けて下さい」
との事だ。
「このお店の子はみんな可愛いいですね」
「そうなんです、もう、選り取り見取りなんです」







だそうだ、確かに可愛い子が多い。