九重夢大吊橋



久しぶりの羽田、



その昔、万歳三唱で送り出されたころの面影は微塵も残っていない。
飛び立つとすぐ海ほたるの上空だ。



曇り空で富士は見えない。
雲が切れてきたがどこを飛んでるのか判らない。



心なしか冥土の土産の旅を意識する。


一時間半もして大分空港。
添乗員さんとガイドさんのお出迎え、
泉ピン子に似たこのガイドさんは物知りだ、普通ではない。



行く先々で土地の由来、名物、出身の古今の有名人の話、昔話・・・・・
それが、三日間の旅の間絶えないのだから恐れ入る。
真っ直ぐに九重夢大吊橋へ向かう。











冷強風の中390mを渡り切る、殆ど揺れを感じない、が、耳が千切れそうだ。
眼下の谷底まで193m、九酔溪、鳴子川の景観が素晴らしい。











男滝、女滝の滝音が聞こえて来る様だ。

国や県の援助も無く賛否両論の中20億円を掛けて完成。
周囲の不安を吹き飛ばして入場者は既に800万人突破、概算でも40億円に収入。
斯くして九重町は日本有数数のお金持ち町に成った。