安曇野 大糸線で白馬まで

大糸線を穂高から白馬まで車窓の景色を楽しむことになった。




穂高駅では霧に包まれていた山並みが少しずつ姿を現れ出す。

やがて秋の青空が空いっぱいに広がった。

快適だ。





仁科三湖、この辺りに栄えた仁科一族の名の名残だろう。

まず木崎湖。







中綱湖。



そして青木湖。



白馬駅に着いたが、余裕時間は一時間半くらいしかない。

観光案内所に飛び込んで近くのビュースポットを尋ねる。

歩いて20分くらいに大出公園と言うのが...。

日差しが強くなった、歩き出すと以外に遠いい。



姫川の流れが美しい。



ひとつの村落が公園になったようだ。








この辺りが白馬岳のビューポイント。

好天ならこんな景観が飛び込んでくるはずだ。



残念ながら、こんな感じだ。



そのポイントまで800mとあって諦める。




帰りの車窓から。





穂高に戻って美味い蕎麦を喰う。

半盛り二人大盛り三人。

写真は半盛り。



腰が抜けるほど美味しい。