習作  王昌齢詩 胡茄曲

城南虜已合 一夜幾重圍
自有金笳引 能令出塞飛
聴臨關月苦 清入海風微
三奏高楼暁 胡人掩涕歸



城南 虜 已に合し
一夜 幾重にか囲む
自ずから金筋の引有り
能く出塞をして飛ばしむ
聴は関月に臨んで苦え
清は海風に人りて微かなり
三奏す 高楼の暁
胡人 沸を掩うて帰る