習作  王之渙詩 涼州詞

黄河遠上白雲間
一片孤城万仭山
羌笛何須怨楊柳
春光不度玉門関



黄河をはるばる遡り、白雲の中へと分け入っていくと、
険しい山々に囲まれて、ぽつんと小さな城がある。
その城から羌笛の音が響いてくる。羌の人たちよ、そうやって悲しい音色で
我々の郷愁を誘い、戦意をくじこうなんて、そんなことする必要は無いのだ。
どうせ春の光はこの玉門関の外までは届かないのだから。