習作 孟浩然詩 望洞庭湖贈張丞相

孟浩然(689-740)
若くして任侠の徒と交わり諸国を放浪した。
長安に出てから張九齡、王維、李白などと交わり詩名を馳せた。
この詩は雄大な洞庭湖を望み其の雄大な景色を描くとともに、
親しい友人である張丞相(張九齡?)に湾曲に官職への斡旋を頼んだと言われる。

孟浩然詩 望洞庭湖贈張丞相
八月湖水平 涵虚混太清 気蒸雲夢澤 波撼岳陽城
欲濟無舟楫 端居恥聖明 坐観垂釣者 徒有羨魚情

私はこの地、岳陽に一年余り住み着いたことがあるが、
岳陽楼から洞庭湖の景色は、まさに、この詩の如くであった。。
画像をクリックすると拡大します   拡大画像を右クリックすると次の画像に移ります   
でもご覧いただけます
八月 湖水は平らかに 虚を涵して太清に混んす
気は蒸す雲夢の澤 波は撼がす岳陽城
濟んと欲するとも舟楫無く 端居して聖明に恥ず
坐に釣を垂るる者を観て 徒に魚を羨むの情有り

Awanokami's Japanese Calligraphy Gallery TOP