東北の旅9  田沢湖

阿仁マタギで熊の雰囲気を味合って雪道を走る。
田沢湖までは一時間前後だろうか、
小さな峠を越えると田沢湖が飛び込んでくる。
水深423.4mは日本一を誇る。
ツアーの粋な計らいで田沢湖の反対側まで連れて行っていただけた。

永遠の若さと美貌を願って湖神となったたつこ像が田沢湖を背景に神々しい。
向こうの一番高い山は秋田駒ケ岳であろうか。





翡翠色、藍色に彩られた湖水はたつこ姫の伝説(クリックすると・・)を益々神秘的にする。







湖の後ろ側に小さなお宮がある。



浮木神社との名前があった。



どんな謂れがあるのだろう、万葉集にも出てきそうな名前だ。



この辺りからの水の色は特別に綺麗だ。





田沢湖の成因は謎、
噴火の後に出来たカルデラ湖、
巨大な隕石の衝突、
断層運動の窪地、
諸説があるが未だ解明されていない。
いずれにしても百数十年前の話だ。
桁を間違えた、百数十万年前だ。

この辺りは韓国の評判高い映画のロケ地になったところだが、
出演したイ・ビョンホンはこの地を至極気に入って、
後に母親を接待して此処に暫く滞在したそうだ。
イ・ビョンホンは私も大のフアン、あの憂いを含んだ深い瞳が大好きだ。

最近、クニマスんが巷の話題になった。
要するに、本来田沢湖の固有種であったクニマスが絶滅し、
それが山梨県の西湖で発見されたニュースだ。
其の根源と成った玉川温泉からの強酸性水の取り入れ口が此処らしい。





そして其の近くには絶滅したクニマスを悼む像が建てられている。



バスは田沢湖を半周して元の道に戻る。
此処からは往路と同じ盛岡への道だ。
昔は毛嫌いしたツアーの旅だが、
自由時間が多く、勝手に行動できるところがいただける。
乳頭温泉・鶴の湯、そして乳頭温泉郷での混浴、長年の夢の叶った旅だった。





タイムスリップ
湯河原ご案内 沼津トットキの店 介護ショップ

寿司
居酒屋



国内の格安航空券ならおまかせ!【旅チケ】予約