東北の旅4  乳頭温泉の山菜料理 美味しい!

一日目の夕飯。
囲炉裏に岩魚がいい色に焼き上がっている。



食べるのに気が取られて写真に残すのが遅れた。



これが評判の神代産の山の芋の鍋、ピントが外れた。
どっちかな。



当地で穫れる山菜ずくしの料理、全てが手料理だ。



どれもこれも手作りの味のしみ込んでいる。
これらが昔ながらの川連塗りのお膳にびっしりと並んで配膳されるのだ。

ついでに食事の報告を済ませてしまおう。
二日目の朝食。



二日目の昼食は山菜丼
山の珍味が一杯、これも格別美味しかった。



二日目の夕食。











味噌味で焼きこんだ岩魚の丸焼き、いい香りだ。

三日目の朝食。



じっくりと煮込んだほくほくの黒豆、甘露甘露!

二泊三日のツアーで6食 、
どれもこれも手を抜いたものは無い。

三日目の昼食は阿仁マタギでの熊鍋。



ここで一生悔いるのではないかと言うことをやってしまった。
歯の具合が悪かったので、
熊鍋の熊肉を抜いて、と言ったつもりだったのが・・・
熊鍋ではなくて何かの寄せ鍋に変えられてしまった。
まず、今後熊鍋を食べる機会は無いだろう。
もう一つ悔しかったのは、
元々少食の上に歯の不調が重なったことだ。
私以外は殆どの人が全ての食事を完全に平らげた。
余程美味しかったのだろう。

続く