ゆうこのページに戻る

読んでみてね!               元気号

 

よんこままマンガ??

2003年度);         

主張

;現在の直視⇒危機感⇒みんな、、政治に参加しようよ

ボーっと流されていって、、、ふと気づいたら手遅れ、、とんでもないところに自分がいたら?でも政治に参加しなかったのはあなたです。

風刺画;      ざくざく  値段  軍需産業就職            ひとつだけの危険性    インディアン酋長による原始宗教(1855シアトル)    誰がための安泰   代わりばんこでチェック

 

政治とはそういう面もある。オブラートに包んでいいのは社交辞令ですが、政治にオブラートをかぶせて、市民をだます政治家もいます。気をつけてください。

だから危機感を持つことはとても大事です。どんどんいろいろな現実的具体的意見を持って友達と話してみてください。それが民主主義の源です。

マンガを見て、今の社会について具体的に強い危機感を持って考えるのもひとつの方法です。

考えや答えは一人一人違っていいのです。民主主義は過去の人々が努力してようやく勝ち取った実りです。

民主主義が死なないように皆さんが政治に参加する一票一票の価値、もう一度見つめ直して欲しい。

政治家任せにしてしてはいないか。目隠しをされたまま乗せられて流されてはいないか。

一般の民が考えなければならないことを自ら放棄していないか、参政権を放棄していると、昔の参政権が無かった独裁の時代になってしまいます。

今日本は貧困層が広がり、富裕層がさらに富裕になり、上の4分の一の富裕層が4分の3の富を所有し、下の4分の一の貧困層が100分の一の富しか所有していないと言われます。

参政権は誰にでも与えられているものですが社会の価値を守るためにはとても大事なものです。

誰にでも与えられているため貴重でない様に錯覚されがちですが、一番大事なことなので皆に与えられていると考えるほうが正しいのです。

放棄したら、必ずそのしわ寄せがきます。

貧困層と富裕層の格差が大きい社会をあなたは望みますか?

希望の持てる社会が望ましいのです。

犯罪の無い社会が望ましいのです。

そのためには格差のない、ある程度の倫理感、正義感を持った人がこの国にあふれていることが今望まれている様に感じます。

だから考えて欲しいです。

そして具体的なビジョンをもって夢を持って生き生き生きて欲しい。

新しい時代を切り開くために。

 

Copyright © 2000-2005 Yuko Taira All Rights Reserved